ウイスキーの種類


ウイスキーにはと国と原料によってそれぞれの種類がありますので簡単に説明していきたいと思います。

まずは、「国別」ですが大まかな定義で見ていくと、世界的に有名な5大ウイスキーは下記となっています。

【国別】

  • スコッチ・ウイスキー
    英国・スコットランドにて生産されるウイスキーの総称
  • アイリッシュ・ウイスキー
    アイルランド共和国及び北アイルランドで生産されるウイスキーの総称
  • ジャパニーズ・ウイスキー
    日本で生産されるウイスキー

    *但し細かい定義規定がなく、粗悪品も市場に流通するようになり、表示基準については議論される対象となっています
  • カナディアン・ウイスキー
    カナダで生産されるウイスキー

  • アメリカン・ウイスキー
    アメリカ合衆国で生産されるウイスキー
  1. バーボン・ウイスキー:アメリカ ケンタッキー州を中心に生産されるアメリカン・ウイスキーの1う
  2. テネシー・ウイスキー:アメリカ テネシー州で生産されるアメリカン・ウイスキーの1つ

 国別の他にも原料によって分類をすることができますのでその基準を見てみましょう。

 

【製法】

  • モルト・ウイスキー
    モルトとは大麦麦芽のこと。(大麦麦芽についてはこちらのブログをご覧ください)通常、単式蒸留器で2回・3回蒸溜されます。スコットランドやアイルランド、日本では伝統的にこの製法が取り入れられています。スコッチ・ウイスキーの場合は、単一の蒸留所で作られたモルト・ウイスキーをシングルモルト・ウイスキーとして世界的に知られています(マッカランやラフロイグなど)
  • グレーン・ウイスキー
    グレーン(Grain)はトウモロコシ、小麦、トウモロコシを主原料に作られるウイスキーです。単式ではなく連続式蒸留器での生産が一般的です。純度の高い(アルコール度数の高い)スピリッツとして知られ、ブレンデッド・ウイスキーに使用されることがほとんどです。日本のブランドですと知多が知られていますが、おそらく知多以外にブランド化したグレーンはほぼ無いといっていいでしょう。
  • ブレンデッド・ウイスキー
    モルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキー、あるいはモルト・ウイスキーとモルト・ウイスキーをブレンド(混和)したウイスキーの総称です。世界的な知名度のあるブランドと売上の上位のウイスキーがこのカテゴリーに入ります。馴染みのある角やトリス、ブラックニッカ、ジョニーウォーカーなどが知られています。

 

  • ライ・ウイスキー / コーン・ウイスキー
    アメリカン・ウイスキーの主な原料でライ麦やトウモロコシを主原料にする場合の呼称です。

 
以上いかがでしたか?この国と原料を掛け合わせた表記がウイスキーのラベルには見て取ることができます。

例えば、写真のジョニーウォーカー・レッドには「ブレンデッド スコッチ ウイスキー」と記載があるのでスコッとランドで生産されたブレンデッド・ウイスキーということになります。

 

ぜひ、お手元にボトルがございましたら、他のウイスキーもご確認ください。