信濃屋食品 スピリッツ・バイヤーの秋本 勇達さん 「ウイスキーの楽しみ方」インタビュー

ザ・ウイスキー・スタジオでは、株式会社 信濃屋食品 スピリッツ・バイヤーの秋本 勇達さんに、「ウイスキーの楽しみ方」についてインタビューをさせて頂きました。

 信濃屋食品は関東でスーパーマーケット3店舗、酒販店13店舗を展開しています。今回は、お酒のスピリッツ・バイヤーとして活躍されている、秋本勇達さんにバイヤーという仕事から、オリジナルのウイスキー制作、そして、お酒を好きになるきっかけについてお話頂きました。1月のウイスキーボックスのアイテムの一つであるヘブンヒルをロックスタイルで飲みながらの収録となります。ぜひご覧ください。

秋本勇達さん プロフィール
1992
年生まれ。東京都出身。20代でウイスキーの魅力に目覚め、学生時代から都内のBARやウイスキーのイベントに通う。ベンチャーウイスキー秩父蒸留所での見学がきっかけで、本格的にウイスキーを仕事にすることを決断し、㈱信濃屋食品でアルバイトを開始、2014年に社員として入社。店頭での販売員としての勤務を経て、信濃屋ネット店での勤務及び商品開発を担当するスピリッツバイイングチームの一員として勤務。2017年から海外のイベント出店や原酒の買い付けに同行。2019年より現スピリッツ・バイヤーになり、信濃屋プライベートボトルを中心とした商品開発を担当している。

*撮影場所:日本橋 BAR (MATSU)